ニジョウスイート宿泊記 ホテル ザ 三井京都【HOTEL THE MITSUI KYOTO】プラチナ達成でもらったスイートナイトアワード利用でアップグレード 予約方法も紹介

こんにちは。risokaです。

2020.11.3に三井家ゆかりの地である京都の二条城前に、HOTEL THE MITSUI KYOTO ラグジュアリーコレクション ホテル&スパがオープンしました。

三井不動産がマリオットと提携し、マリオットホテルの最上位に位置するラグジュアリーコレクションとしての開業です。

マリオットボンヴォイプラチナエリート会員として50泊したときにいただいた、スイートナイトアワードを利用して112㎡もあるニジョウスイートに宿泊してきました。

プラチナ会員として宿泊したニジョウスイートのお部屋紹介、予約方法、ホテルへのアクセスや基本情報を紹介させていただきます。

マリオット公式 HOTEL THE MITSUI KYOTO ラグジュアリーコレクション ホテル&スパ

 

目次

ホテル基本情報

マリオットボンヴォイのリワードカテゴリーは7です。

所在地・電話番号

〒604-0051
京都府京都市中京区油小路通二条下る二条油小路町284
TEL. 075-468-3155(宿泊予約)

チェックイン・チェックアウト時間

チェックイン  15:00~
チェックアウト 12:00まで

部屋タイプ

選びぬかれた天然の素材と卓越した工藝技術でつくりあげられた客室は17タイプ全161室あります。

部屋タイプ  広さ  定員
デラックスルーム・キング又はツイン
43-51㎡
2名
デラックスガーデンルーム・キング又はツイン
47㎡
2名
プレミアルーム・キング又はツイン
50-67㎡
3名
プレミアガーデンルーム・キング又はツイン
50-61㎡
3名
ニジョウルーム・キング又はツイン
50㎡
3名
デラックススイート・キング
55-65㎡
3名
エグゼクティブスイート・キング又はツイン
78-86㎡
3名
ガーデンスイート・キング
95-97㎡
3名
ニジョウスイート・キング
112㎡
3名
Onsenスイート・キング又はツイン
101-111㎡
3名
プレジデンシャルスイート・キング
213㎡
3名

アクセス

京都市にある世界遺産「元離宮二条城」のお向かいで、ANAクラウンプラザ京都のお隣にあります。

二条城のチケット売り場辺りから見るとこのように真正面にあります。右に見える白い建物はANAクラウンプラザ京都です。

公共交通機関

東西線「二条城前」駅 2番出口徒歩3分
烏丸線「烏丸御池」駅 2番出口徒歩10分

今回私は地下鉄東西線「二条城前」駅で降りて、ホテルへ向かいました。この地図は駅にあったものです。

「二条城前」駅から二条城前の東堀川通ではなく裏側の油小路通を歩いて行くと、ANAクラウンプラザ京都の向こうにHOTEL THE MITSUI KYOTO ラグジュアリーコレクション ホテル&スパの入り口があります。

ちょうど写真の真ん中に見えている看板はANAクラウンプラザ京都の看板です(笑)

車でのアクセス

京都駅から約15分。二条城前の東堀川通とは反対側の油小路通側に入り口があります。

タクシーで行く場合は新しいホテルなので、運転手さんにANAクラウンプラザ京都の隣で入り口も同じ側と伝えると良いかもしれません。

駐車料金

1泊につき4,000円で全てバレーパーキングとなっています。

ホテルの駐車場はバレーパーキングのみなので、バレーパーキングが嫌だったりもう少しお安い方が良いという方は近くに何か所もコインパーキングがあるので、そちらを利用されるのが良いかもしれません。

ホテル内施設など

エントランス

油小路通から敷地内に入るとこの大きな門が現れます。

この門は300年を超える歴史を持ち、三井家も所有した「梶井宮門」を修復し当時の姿を再現しているそうです。

「梶井宮門」についてはホテル内にこのような展示もありました。

正面玄関

そして門をくぐり左へ曲がるとこれまた重厚な正面玄関があります。

レセプションデスク・クローク

玄関を入るとオブジェが出迎えてくれ、向こうにはロビーと中庭が見えます✨

オブジェの左右にはレセプションデスクとコンシェルジュカウンター&クロークがあります。

中庭

中庭をぐるりと囲むように建てられているのでロビーなどから眺めることができますが、中庭に出て散策することも出来ます。

この中庭は約1,300㎡あり、三井家の時代から受け継がれてきた庭をランドスケープデザイナー宮城俊作氏の手によって現代に再生されたそうです。

ライブラリー

ロビー横にはライブラリーがあり、自由に本を読むことが出来ます。

お抹茶のふるまい

予約制ではありますが、「午後のお愉しみ~お抹茶のふるまい」としてロビー横のこちらでお抹茶がいただけます。

残念ながら満席で予約を取ることが出来ませんでした(;^_^A

他にも館内ツアーなど色々なアクティビティがありますので、公式サイトで確認して早めの予約をお勧めします。

レストラン

ホテル内には下記の3つのレストランがあります。

「THE GARDEN BAR」でアフタヌーンティーをいただきたかったのですが、予約が取れず諦めました(泣)

朝食は「FORNI(フォルニ)」でいただけるとのことでしたが、せっかくのニジョウスイートなので、ルームサービスを選択しました。

夜のバー利用とティータイムにも利用したので、ルームサービスの朝食と一緒に別記事にしました。

こちらもどうぞご覧ください。

関連記事

こんにちは。risokaです。 2020.11.3に三井家ゆかりの地である京都の二条城前に、HOTEL THE MITSUI KYOTO ラグジュアリーコレクション ホテル&スパがオープンしました。 三井不動産がマリオットと提携[…]

イタリア料理「FORNI(フォルニ)」

京都と同じく豊かな⾃然が育む地元⾷材に恵まれたイタリア。イタリア語で複数の窯(かま)を表す「FORNI(フォルニ)」は、薪窯で焼き上げるピッツァから本格的なグリル料理まで、幅広いイタリア料理をご提供いたします。モダンに昇華した和の空間で、きめ細やかなおもてなしとともにイタリア料理をご堪能ください。

バーラウンジ「THE GARDEN BAR」

春は桜、夏は⻘葉、秋は紅葉、冬は雪景⾊と、季節の移ろいとともに変化する本ホテルの⽇本庭園。「THE GARDEN BAR」では⻩昏とともにライトアップされる⽇本庭園を眺めながら、くつろぎの時間をお過ごしいただけます。

「FORNI(フォルニ)」と「THE GARDEN BAR」の入り口は同じなので、2つの看板が並んでいます。

ガストロノミー鉄板「都季−TOKI」

⽬の前に広がる⽔景とその奥に臨む⽇本庭園。京都の四季の移ろいを感じながら、特別な時間をお過ごしいただける「都季−TOKI−」。伝統的な⽇本建築を踏襲しつつ現代的なデザインで構成した空間の中で、フランス料理と⽇本料理それぞれの⾷材と調理法を融合・昇華させ、素材の⼒を存分に引き出した、新たな鉄板料理をご提供いたします。

予約など詳しくは公式サイトをご覧ください。

スパ・温泉・ジムなど

ホテルの地下1階にSPAトリートメント・サーマルスプリング・プライベート温泉・フィットネスジムがあります。

サーマルスプリング

敷地内の地下約1,000m から湧き上がる天然温泉水を活用したサーマルスプリング(水着を着用して入る天然温泉を用いたプール)です。

私は水着持参で行きましたが、もし持っていなくても無料でレンタル出来ます。

これはお部屋のテレビでのサーマルスプリングの案内です。

サーマルスプリングでは写真撮影は出来ませんので、下記の写真は公式サイトからお借りしました。

まず結論から申し上げますと、宿泊したら絶対に行くべきです!!(笑)

ずーっとここにいたかったくらい、とにかくおススメです✨

チェックインの際案内してくださった方のお話しでは、コロナ禍のため人数制限しているので行く前に客室の電話機より「スパ」まで連絡してから行ってくださいとのことでした。

行く前に電話をし、持ち物などを確認すると、「水着をお持ちなら水着を着て上にバスローブをはおり、スリッパで地下1階までお越しください」と言われました。

ん???バスローブとスリッパ??本当にいいの?と思い、もう一度確認してしまいましたが大丈夫とのことで、遠慮なく?出かけていきました。

地下1階でエレベーターを降りるとすぐにレセプションがあり、受付をし、女性スタッフがロッカールームの使い方などを案内してくれました。

ロッカールームには、タオル・バスタオル・ミネラルウォーター・バスローブもあり、シャワーブース・洗面化粧台・トイレや水着の脱水機もありました。

サーマルスプリングは思ったよりも広く、ぬるめのお風呂といった感じでソファスペースも沢山あり、小さいですがサウナもありました。

ぬるめのお風呂なのでゆっくり浸かることができますし、暑くなって来たらミネラルウォーターを飲みながらソファで休むことも出来ます。何時間でもいられそうでした\(^o^)/

SPAトリートメント

日本古来の按摩技術を基に海外で発展したフェイシャルや、相反する陰陽の要素のバランスを整え、5つの元素(エレメント)を体に巡らせる「陰陽五行」など、HOTEL THE MITSUI KYOTO独自のメニューをお届けいたします。

サーマルスプリングやプライベート温泉と合わせてご利用いただくことで、京都ならではの豊かなスパ・ジャーニーをご堪能いただけます。 公式サイトより

プライベート温泉

本格的な日本の入浴体験を提供する貸し切り温泉。100m² 超のプライベート空間には、ゆっくりとくつろげるウェットリビングスペースも用意。この空間のために設えた日本庭園とともに、皆様を特別な和の体験に誘います。

このプライベート温泉は宿泊客のみが利用できる施設で、ルームサービスもご利用いただけます。 公式サイトより

フィットネスジム

宿泊者専用フィットネスジムで通常は24時間利用出来ますが、現在は7:00-23:00までとなっています。

レセプション前を通り、奥へどんどん進んで行くとありました。

この扉をあけると立派な設備が整ったジムがありました。

トレーニングをしてらっしゃる方がいらっしゃったので、写真撮影は控えましたので下記の写真は公式サイトからお借りしました。

スパ・温泉・ジムなども詳しくは公式サイトをご覧ください。

チェックイン

チェックインは、中庭の見えるロビーのソファ席でしてくださいました。昼間は沢山の人がいらっしゃったので、この写真は夜撮影しました(;^_^A

チェックインの際、お茶と干菓子をいただきました😊

プラチナ特典

1000ポイントもしくは朝食無料ということでしたので、朝食を選択しました。日曜日宿泊で月曜日チェックアウトでしたが、レイトチェックアウトは残念ながらいただけませんでした。

ルームキー

456号室のルームキーを2枚いただきました。

お部屋までスタッフさんが案内してくださり、お部屋の案内もしてくださいました。

こちらはロビーから客室への通路なんですが、伏見稲荷の千本鳥居を思い出すような造りになっていました(⌒∇⌒)

エレベーターホール

エレベーターに乗り最上階である4階へ。

廊下

廊下のカーペットは枯山水のように見えますね。

お部屋(ニジョウスイート)

お部屋に到着です!!

最上階である4階の角部屋456号室、ニジョウスイートです!!!112㎡もありますΣ(・ω・ノ)ノ!

玄関

玄関を入ってまず1枚パチリ📷

玄関広すぎ~Σ(・ω・ノ)ノ!

お部屋側から見た玄関です。やっぱり広すぎる(;^_^A

 

玄関扉の右側にあるスイッチです。

スリッパ

まずお部屋に入ると、案内して下さったスタッフさんがスリッパを用意してくださいました。ふかふかのスリッパです😊

玄関扉の避難経路図です。これを見ると二条城が見えるお部屋って少ないんですね~。二条城側から見た時横長なホテルに見えたんですけど、1つ1つのお部屋が広いからそう見えたんでしょうか?

クローゼット

右側には桐のクローゼットがあります。部屋が広すぎるので(笑)ここにクローゼットがあり、上着をかけておくのに便利でした。

形も可愛らしいですよね😉

靴置き・姿見など

左側には傘・姿見・靴置きがあり、その向こうにはトイレがあります。靴を脱いだり履いたりするときに座る台まであります。

靴磨きサービス

靴置き台の下には靴磨きサービスの案内もありました。

トイレ

こちらが玄関横のトイレです。

リビング

玄関側からリビングを見た写真です。

床も壁も家具も木材が使われていて、日本らしい和を感じられる温かみのあるデザインとなっています。

真ん中にドドーンと無垢材で作られた大きなテーブルがあり、周りに大きなソファや椅子が並んでいます。

そしてお部屋の名前にある通り、大きな窓の向こうには重要文化財「東大手門」「東南隅櫓(とうなんすみやぐら)」をはじめ、二条城を一望することが出来ます✨

窓側から玄関方向を見たものです。

ベッドルーム側からリビングを見たものです。窓がⅬ字になっているのが分かりますね。

テレビは65インチなんですが、お部屋が広いので小さく見えますね。

ダイニングテーブルの上にはウェルカムスイーツ

リビングの端にはこちらのダイニングテーブルがありました。

翌日の朝はこちらでルームサービスの朝食をいただきました。

テーブルの上にはウェルカムスイーツとして、和菓子2種とフルーツ2種がありましたので美味しくいただきました。

壁にはユニバーサルタイプのコンセントとUSBポートもありました。

海外からのお客様には使いやすいですね。

ミニバー

玄関からリビングに入った所にミニバーがあります。

ミニバー台の上には無料のミネラルウォーターが2本あり、ウイスキー(響、30,000円です!!)・ジン・ラムの前にはシェイカーとカクテルグラス、右にはコーヒーマシンがあります。

そしてその上の苔玉(フェイクらしいです)の両側には急須とお茶のティーバッグがありました。

ティーバッグは京都のお茶専門店「柳桜園茶舗」のものでした。

下の引き出しを開けてみると、グラスやコーヒーカップやその他沢山(笑)

引き出しの左側をズームしてみました!この中で無料でいただけるのはコーヒーマシンのカプセルとTWGの紅茶のティーバッグですね。

そのまた下の引き出しを開けてみると冷蔵庫になっていて、アルコールからソフトドリンクまでぎっしり入っています。

こちらが価格表です。そうそうたる銘柄が並んでいますね(^_-)-☆

冷蔵庫の右にある引き出しには湯沸かしポットと木製のアイスペールがありました。 

 

ベッドルーム

ベッドルーム全体です。ベッドルームもリビングルームと同じく、床も壁も家具も木材が使われているなかにラグなどのモスグリーンがアクセントになっていて、日本らしい和を感じられる温かみのあるデザインですね。

ベッドルームからも二条城が見えます😊ベッドはキングサイズなんですが部屋が広すぎて小さく見えますね(笑)

窓側から見たベッドルーム全体です。飾り棚の向こうは鏡台、ウォークインクローゼットとバスルームがあります。

飾り棚にあった本が逆さまにセットされていました(笑)部屋を案内してくださっているときに気付いたんですけど、遊び心だと思って心の中でクスッと笑っておきました(笑)

デスク

窓側にはこれまた無垢材で作られた大きなデスクがあります。窓が大きくとってあり昼間はとても明るいですし、暗くなってきたら行燈型の照明が明るく照らしてくれます。

デスクの上には2段ケースがあり、上の段には硯と墨と筆が、下の段にはホテルのレターセットが用意されています。絵手紙を書いたりするのも良いですね😊

ベッド周り

ベッドの左側には目覚まし時計・電話・メモ帳&ボールペンがあります。

照明や電動カーテンのスイッチとユニバーサルタイプのコンセントとUSBポートもあります。

右側にはBOSEスピーカーとアクセサリートレイがありました。アクセサリートレイは女性には嬉しいですね💖

鏡台とウォークインクローゼット

ベッドルームの飾り棚の裏側には鏡台とウォークインクローゼットがあります。

ウォークインクローゼットはⅬ字にハンガーポールがあり、沢山の洋服をかけることが出来そうです。

隅に立てかけてある黒いものは、ヨガマットでした。

セキュリティボックス

手前の扉を開けてみると、セキュリティボックスや沢山の引き出し収納がありました。

パジャマ

ハンガーポールの下にある引き出しを開けてみると、パジャマが入っていました。

パジャマは2部式でとても肌触りが良いものでした😊

バスルームなどの水回り

鏡台の裏側にはバスルームなどの水回りがあります。

洗面所

ダブルシンクで1つ1つのシンクが大きく、とてもゆとりのある設計になっています。洗面所の照明も行燈型ですね。

シンクの間にあるおかもち型のものは、アメニティーケースになっています。

中には歯ブラシ・ヘアブラシ・カミソリ・ボディクリーム・マウスウオッシュなどが入っています。

うがい用コップがおしゃれな陶器のものでした。そのまま置いてあるのではなく、板の上に置いてあるのもお洒落ですよね(^_-)-☆

下の引き出しには、ドライヤーとランドリー袋が入っていました。

ドライヤーはホリスティックキュアが置いてありました。鏡台の引き出しにも同じものが入っていました。

このドライヤーは2万円以上する美容院でもよく使われているとても良いものらしいです。

トイレ

洗面所の隣にはタンクレスのシャワートイレがありました。

バスルーム

バルルームは浴槽から壁まで全てが大理石で出来ていますΣ(・ω・ノ)ノ!

バスタブは大人が横に並んでも入れるんじゃないかと思うくらい大きいです。

シャワーはレインシャワーとハンドシャワーの2種類がありますが、ハンドシャワーは3種類のモードを切り替えることが出来るようになっていました。

シャワーのスイッチって分かりにくかったりしますよね?これは一目瞭然!押すと出る、もう一度押すと止まるでした!(ボケててごめんなさい🙇)

お風呂にはテレビもあるので、バスソルトを入れてバスピローを使ってゆったりのんびりとしたバスタイムが楽しめました😊

これはバスルームのテレビのリモコンです。

バスアメニティ

日本人調香師 大沢さとり氏のパルファン・サトリ×イタリアのラ ボッテガ社のコラボレーション品が採用されていました。ここにもホテルのこだわりが感じられますね(^^♪

へちまスポンジとバスソルトもありました。

バスローブは今まで着たバスローブの中で一番ふわふわで着心地が良いと思えるものでした💖

ターンダウン

夕食に出かけて帰って来たらターンダウンサービスが終わって、カーテンが全て閉まっていました。

そしてパジャマがベッドの上に並んでいました。

サイドテーブルにはミネラルウォーターとリップバームが置いてありました。

これもまたホテルオリジナルのもので、こだわりが感じられました。でもこういう心遣いは嬉しいですね😊

チェックインの際お願いしておいたスキンケアセットも一緒に届けられていました。これは女性の宿泊者で希望すればいただけるものだそうです。

先程のリップバームと同じく「かづら清老舗」によるホテルオリジナルのスキンケアセットです。

クレンジングオイル・フェイシャルソープ・モイストミルキーローション・ホワイトモイスチャークリーム・洗顔用ネットが入っていました。

ミニバーにも変化がありました。

カクテルグラスは寝かせてあったのが立っていて、オレンジピールが真ん中にありました。

湯沸かしポットとアイスペールが置いてあり、アイスペールには氷も入っています!ターンダウンサービスでここまでして下さるのも初めてでしたΣ(・ω・ノ)ノ!

いつも寝る前には氷入りでお水をいただくのでとても有難かったです。

お部屋の動画

ニジョウスイートのお部屋の動画も撮影してみましたので、こちらもご覧ください。

予約方法

マリオットボンヴォイ公式サイトから検索したら、11/29の最安値のデラックスルームは2名1部屋127,510円でした。

 

それならポイント宿泊では?と思い検索してみると・・・

ちょうどオフピークになっていてカテゴリー7なので50,000ポイント!

マリオットポイントは1ポイント1円以上の価値がある使い方ならもったいなくない!ので、ポイント宿泊も良さそう!!

でもSPGカードの更新特典である50,000ポイントまでの無料宿泊特典でも使えます!!これなら年会費を34,100円支払って取得した無料宿泊券だから、34,100円で1泊出来るのと同じですよね?

ということで、今回はSPGカードの更新特典を利用し、最安値のデラックスルームを公式サイトから予約することにしました。

マリオット公式 HOTEL THE MITSUI KYOTO ラグジュアリーコレクション ホテル&スパ

 アップグレード方法

マリオットボンヴォイのホテルに年間50泊するとプラチナエリート会員になりますが、50泊した特典として自分で選べる特典から1つ選択できます。

自分で選べる特典

1年間で対象となるご宿泊が50泊に達すると、次の中からギフトを1つお選びいただけます。

  • 5泊分のスイートナイトアワード
  • お友達やご家族へのシルバーエリート会員資格ギフト
  • お気に入りのホテルベッドのマットレスを40%割引
  • 5泊分のエリートナイトクレジット
  • チャリティへの寄付100ドル

私は年間50泊に達した時に「5泊分のスイートナイトアワード」をチョイスしました。

スイートナイトアワード利用方法

マリオットボンヴォイアプリから自分の予約を開くと、アップグレードリクエストが可能な場合はこのように表示されています。
f:id:risoka17:20200804144251j:plain

リクエスト手続きを開始するをクリックすると、現在の予約とアップグレードのオプションが表示されます。

私は今回、ニジョウスイートのみにチェックを入れ送信しました。

リクエスト完了。これで到着日の5日前から到着日当日のホテル現地時間2時まで毎日アップグレード対象の客室の空室状況を確認してくれ、知らせてくれます。
f:id:risoka17:20200804135459j:plain

 

数日前にマリオットボンヴォイアプリを確認してみたところリクエストが承認され、ニジョウスイートにアップグレードされていました\(^o^)/

スイートルームが前もって確約されているのは嬉しいですね✨

この日のニジョウスイートは423,798円でした。

つまり約42万円のスイートルームに、実質SPGカードの年会費34,100円で宿泊できたことになりました!!!

 

SPGカードの威力は抜群ですね!!!

 

SPGカードとは

このブログの中でも登場したSPGカード。

正式名称はスターウッド プリファード ゲスト・アメリカン・エキスプレス・カードと言います。

赤色の額面ですが、ゴールドカード同等です。

特典やメリットなど、こちらの記事でSPGカードを徹底解説しております。是非ご覧ください。

関連記事

こんにちは、奏打です! 以前、SPGアメックスというクレジットカードを発行したのですが・・・ このカードの特典やメリットが多すぎて魅力的すぎるカードなので、その中身を徹底解説していきます!   \SPGアメック[…]

最新情報をチェックしよう!