陸マイラー親子の旅日記

子育てが終わった陸マイラー・ポイ活主婦&その息子がマレーシアを中心に飛行機・ホテル・現地の観光情報など旅行のあれこれを綴ります

マレーシアでマリオットボンヴォイ・プラチナチャレンジに挑戦!2020年最新情報有り!【Marriott Bonvoy】2020年最新情報も掲載!マレーシアでマリオットボンヴォイ・プラチナチャレンジに挑戦!
陸マイラー主婦がこの1年間で貯めたANAマイルを大公開!!陸マイラー主婦が1年間で貯めたANAマイルの全貌を大公開!!
【2020年版】高級ホテルが半額!?とってもお得なマリオット・ベストレート保証制度をご紹介!【2020年版】高級ホテルが半額!?とってもお得なマリオット・ベストレート保証制度をご紹介!
国内旅行・海外旅行どちらでも使える!私の便利グッズ・持ち物を大公開!! 国内旅行・海外旅行どちらでも使える!私の便利グッズ・持ち物を大公開!!

マレーシアのファミリーレストラン PappaRich(パパリッチ)とMadam Kwan's(マダムクワンズ)を紹介

スポンサーリンク

こんにちは。risokaです。

マレーシアのファミリーレストラン、PappaRich(パパリッチ)とMadam Kwan's(マダムクワンズ)を紹介します。どちらの店もショッピングモールにあることが多く、マレーシアのローカルグルメを清潔感のある環境で安心して食事ができるレストランです。

1.パパリッチについて

f:id:risoka17:20200515153606j:plain

PappaRichブランドは、古くからの伝統とレシピに基づいた本格的なマレーシア料理を作り直すことで名高い歴史を持ち、丁寧に作られた料理と家庭的な雰囲気を楽しむことで世界中のマレーシアの経験をもたらすことの代名詞です。

ブランドストーリーを世界と共有する取り組みをさらに前進させるにあたり、マレーシアが誇りにできる一貫した明白なブランドアイデンティティの構築に努めています。
(パパリッチのホームページより引用)
PappaRich Malaysia | Go Global, Eat Malaysian

パパリッチはクアラルンプール近郊に約20店舗あり、マレーシア国内では60店舗以上あります。そしてマレーシア国外にも60店舗以上あり、その半数はオーストリアにあります。世界中で120店舗以上ある大きなチェーン店です。日本には残念ながら、まだありません。

旅行者が行きやすい店舗としては、クアラルンプール空港(KLIA.KLIA2どちらにもあり)、KLセントラル駅直結のnuセントラルショッピングモール内にあります。

他にミッドバレー・メガモールのお隣にあるザ・ガーデンズモールにもあります。
www.risoka17.com

マレー料理はもちろんのこと、中華系料理やインド系料理、更にはベジタリアン用メニューまで幅広く対応しています。料理の盛り付けが綺麗で、値段は一皿約15リンギ(約400円)くらいからあります。チェンドルなどが入った”ABC”(Ais Batu Campurの略で氷を混ぜたものという意味のかき氷)などマレーシアのデザートも充実しています。
f:id:risoka17:20200516204441p:plain
パパリッチ公式ホームページより

2.パパリッチに行ってみた!

f:id:risoka17:20200515153832j:plain

ペタリンジャヤにあるショッピングモール内の店舗に行ってきました。

オーダー方法は各テーブルのカトラリーケースに注文用紙と鉛筆が置いてあるので、それに品番と注文数を書いて店員さんに渡します。
f:id:risoka17:20200517101229j:plain

海外では普通のことですが、無料のお水やおしぼりなどはありません。

メニューは写真入りで分かりやすいです。
f:id:risoka17:20200515153721j:plain

f:id:risoka17:20200515153554j:plain

今回私はR12のカンポンフライドライスとD70のウォーターメロンジュースを注文しました。

カンポンとは、田舎の~とか昔ながらの~という意味でなので、カンポンフライドライスは昔ながらのマレー流炒飯ということです。綺麗に盛り付けられていますね。


f:id:risoka17:20200515153711j:plain
f:id:risoka17:20200515153617j:plain

お味はどちらも美味しく、量も十分ありました!この2つで24.1リンギ(約630円)です。ホーカーズなどと比べれば割高感はありますが、マレーシアをはじめて訪れる人でも安心して入れるレストランだと思います。

そしてお会計はテーブルチェックです。
店員さんにBill(ビル)もしくはCheck(チェック)と言い、手でVの字を書くジェスチャーとともに伝えてください。
伝票を持ってきてくれますので、現金かクレジットカードのどちらでも支払い出来ます。


以下は別の機会にいただいたものです。

カレーラクサです。辛い!汗をかきながら食べました。
f:id:risoka17:20200515153701j:plain

左からライチ・ドラゴンフルーツ・スイカのジュースです。辛い料理と甘いジュースの組み合わせはサイコーです!
f:id:risoka17:20200515153651j:plain

3.マダムクワンズについて

f:id:risoka17:20200515153940j:plain

私たちのストーリー
若い熱狂的な食通として、クワンスウィーリアンはマラヤの料理の豊かな文化的ミックスに触発されました。今日、マダムクワンはこれらの多様な文化の要素を組み合わせて、すべての食品愛好家が楽しむために独自に作成したマレーシア料理を共有しています。代表的なナシレマクから「中華鍋」スタイルのホッキエンミーまで、誰もがユニークなマレーシアの特別料理を味わうことができます。

快適で迅速なサービス
1977年以来、Kwan Swee Lianは常に、カフェスタイルのレストランの快適な場所でホーカーまたは中華風の御馳走を楽しみたいすべての人にマレーシア料理をもたらすことに焦点を当ててきました。マレーシアのすべての屋台料理のようなクイックスタイルのサービスとビジネスホテルカフェの快適さの組み合わせにより、Madam Kwan'sは常にこのユニークな環境を運営基準に取り入れようと努めてきました。
(マダムクワンズのホームページより引用)
Madam Kwan’s - Truly Malaysian Cuisine

マダムクワンズはクアラルンプール近郊に8店舗あり、どの店舗も大型ショッピングモールに入っています。

ブキビンタンのパビリオンか、ツインタワー下のスリアKLCCが観光客が行きやすいと思います。

パビリオンについてはこちらの記事をご覧ください。
www.risoka17.com

他にはミッドバレー・メガモールにもありますので、そちらも行きやすいですね。

4.マダムクワンズに行ってみた!

ブキビンタンにあるパビリオン内の店舗に行ってきました。

マダムクワン本人の看板が出迎えてくれます。
f:id:risoka17:20200515153951j:plain

こちらもメニューは写真入りで分かりやすいです。伝統的かつ家庭的なマレー料理をいただくことが出来ます。

オーダーは日本と同じで店員さんに口頭で伝えます。メニューを見ながら指差しでも大丈夫です。海外では普通のことですが、こちらも無料のお水やおしぼりなどはありません。
f:id:risoka17:20200515154147j:plainf:id:risoka17:20200515154137j:plainf:id:risoka17:20200515154126j:plainf:id:risoka17:20200515154114j:plainf:id:risoka17:20200515154102j:plainf:id:risoka17:20200515154050j:plainf:id:risoka17:20200515154038j:plainf:id:risoka17:20200515154023j:plain
f:id:risoka17:20200515154013j:plain

私はChar Kway Teow(チャークイティオ)とスイカジュース、友人はマッシュルームチキンライスを注文しました。

チャークイティオとは米の麺の炒め物という意味です。平たい麺を醤油ベースで野菜やエビなどと甘辛く炒めてあり、私はこの料理が大好きです。辛いのは苦手なので、これは辛くなく旨味があり、タイ料理のパッタイに似ていると私は思います。
f:id:risoka17:20200515153927j:plain

チャークイティオは23.90リンギ、スイカジュースは12.50リンギで合計36.40リンギ(約950円)でした。

マレーシアの物価から考えるとかなり高めですが、旅行者が気軽にマレーシア料理を食べることが出来る店だと思います。

会計は日本のファミリーレストランと同じで伝票を持ってレジへ行き、支払いをします。こちらも現金でもクレジットカードでも大丈夫です。

店内の写真です。全体を撮りたかったんですが、お客さんが多すぎて撮れませんでした。とても清潔感のある綺麗な店内です。
f:id:risoka17:20200515153901j:plain

5.さいごに

パパリッチとマダムクワンズを比べると、マダムクワンズの方が高級で、アルコールもビールだけですが提供しています。残念ながらパパリッチにはアルコール類はありません。マレーシアはイスラム国家ですから仕方がありませんね。

私は夜はアルコールが飲みたい人なので、ランチでパパリッチを利用することが多いです。皆さんもマレーシアへ行く際は是非マレーシア料理を楽しんでみてください。

クアラルンプールに関する記事をまとめました。
こちらもご覧下さい(^^)
www.risoka17.com

陸マイラー親子の旅日記 ┃ Powered by Hatena Blog