陸マイラー親子の旅日記

子育てが終わった陸マイラー主婦&その息子がマレーシアを中心に飛行機・ホテル・現地の観光情報など旅行のあれこれを綴ります

マレーシアでマリオットボンヴォイ・プラチナチャレンジに挑戦!2020年最新情報有り!【Marriott Bonvoy】2020年最新情報も掲載!マレーシアでマリオットボンヴォイ・プラチナチャレンジに挑戦!
陸マイラー主婦がこの1年間で貯めたANAマイルを大公開!!陸マイラー主婦が1年間で貯めたANAマイルの全貌を大公開!!
マリオット・ベストレート保証制度とってもお得なマリオット・ベストレート保証制度をご紹介!
陸マイラー主婦が所有しているクレジットカードの全貌を一挙大公開!陸マイラー主婦が所有しているクレジットカードの全貌を一挙大公開!

KLのチャイナタウンに新規オープン!フォーポイント・バイ・シェラトン・クアラルンプール宿泊記【Marriott Bonvoy】

スポンサーリンク

こんにちは、奏打です!

今回は、クアラルンプールのチャイナタウンに新規開業したばかりのフォーポイントバイシェラトン・クアラルンプール(Four Points by Sheraton Kuala Lumpur, Chinatown)に2020年1月に滞在した際の様子をお伝えします。

1.チャイナタウンについて

チャイナタウンについての紹介はこちらの記事をご覧ください。↓↓↓
www.risoka17.com

2.フォーポイント・バイ・シェラトンとは

ビジネス旅行者や小規模なコンベンションを対象とした多国籍ブランドのホテルです。これは、マリオットインターナショナルの子会社であるスターウッドホテル&リゾーツが所有しています。
2019年3月31日の時点で、グループは50,311室のフォーポイントバイシェラトンブランドで全世界で278店舗を運営しています。
※出典:Wikipedia

日本では、名古屋(中部国際空港)と函館に展開しており、マレーシアでもプチョン(KLの南)、サンダカン(ボルネオ島)に続いて3つ目です。

ちなみに、フォーポイントというのは「風車」のことを表しており、そのままフォーポイントのマークにもなっていますね(^^♪

3.ホテルへのアクセス

・KLセントラルからLRTクラナジャヤ線で行く場合
真ん中に大きくKLセントラル駅がありますね。

そこから右斜め上に1駅のパサール・セニ駅を目指してください。

LRT(ピンク色の路線)です。
f:id:kura0840:20200407172336p:plain

こんな電車に乗ります。パサール・セニ駅からは徒歩10分くらいです。



・KLセントラルからMRTスンガイブロー・カジャン線で行く場合
LRTと同じくパサール・セニ駅を目指してください。

ただし、この路線のKLセントラルでの駅名は「ミュージアム・ネガラ(国立博物館)」なので注意しましょう!
f:id:kura0840:20200407172336p:plain
MRTの地下鉄(緑色の路線)です。

この路線は比較的新しい路線なので電車も駅も綺麗です。

こんな電車に乗ります。パサール・セニ駅からは徒歩5分くらいです。


車内では英語とマレー語のアナウンスもありますが、このように表示もあるので分かりやすいと思います。

また、Grabを利用する場合は、ホテルの名前をそのまま行き先にすればオッケー。

Grabの登録・利用方法はこちらの記事をご覧ください。↓↓↓
www.risoka17.com

4.ホテルの様子

2019年末にオープンしたてのホテルですので、とてもキレイです!(*'▽')

では、写真をメインにご紹介します。

・外観
f:id:kura0840:20200406124141j:plain

・ロビー
f:id:kura0840:20200406124010j:plain
こちらは建物入り口のロビーに飾られているものです。ここからエレベーターで7階のフロントロビーに行きます。

・エレベーター
f:id:kura0840:20200406123833j:plain
このホテルのエレベーター内部はとても特徴的で、自分はとてもビックリしました!('Д')

詳細は伏せておきますので、宿泊予定の方はぜひ体験してみてください!

・フロントロビー
f:id:kura0840:20200406123615j:plain


・ロビーを上から見た感じ
f:id:kura0840:20200406123915j:plain
随所に古くからのチャイニーズな装飾や内装が施されていて良いですね!(*'▽')

・部屋の様子
f:id:kura0840:20200406123726j:plain
壁画が良いですね!KLのチャイナタウンだけでなく、マラッカやペナン島の街中などでもみられる画風ですね。

・廊下
f:id:kura0840:20200406124751j:plain
カーペットが新しいためなのか厚いためなのかは分かりませんが、スーツケースを転がすのが大変でした(;'∀')

・バー
Best Brewsというレストランでアルコールを提供しています。
f:id:kura0840:20200406124303j:plain

f:id:kura0840:20200406124338j:plain
お酒の種類も豊富です(^^♪
日本のウイスキーなどもありました。

f:id:kura0840:20200406124224j:plain
カールスバーグで乾杯!

この後もう一杯飲んでしまいました(笑)


5.朝食

朝食はQuan's Kitchenというレストランでいただきました。

f:id:kura0840:20200406124412j:plain

f:id:kura0840:20200406124603j:plain
ヌードルバーもしっかりありました!

f:id:kura0840:20200406124442j:plain
ドリンクも種類が豊富です。(^^)/

この日は、牛乳、パイナップル、キャロット、マンゴー、ピンクグァバ、トマトがありました。


f:id:kura0840:20200406124636j:plain
いただきま~す!

実は、会場に到着したのが9時過ぎだったので料理があまり出ていませんでしたが、それでもこの種類とボリュームで十分に満足できました!(*'▽')

6.マリオット系列のホテルにお得に泊まる方法があります!

その方法とは・・・

マリオットボンヴォイのプラチナエリートになることです!

6. マリオットボンヴォイ・プラチナエリートの主な特典

・滞在ごとに50%のボーナスポイント

・空室状況により望ましい客室へのアップグレード(一部スイートを含む)

・空室状況により16時までの優先レイトチェックアウト

・選べるウエルカムギフト(ポイント・朝食・アメニティなどホテルにより異なる)

フォーポイント・バイ・シェラトンは500ポイントorギフトのため、今回はギフトを選択してエコバッグをもらいました。↓↓↓
f:id:kura0840:20200406124826j:plain

・エグゼクティブラウンジへのアクセス(ホテルブランドにより異なる)

フォーポイント・バイ・シェラトンは基本的にラウンジがありません。

今回はBest Brewsでのドリンク2杯無料でしたので、その特典でビールを2杯いただきました(^^♪

7.プラチナエリートになるための近道

それは、「プラチナチャレンジ」(通称プラチャレ)をすることです!

プラチナチャレンジについてはこちらの記事をご覧ください↓↓↓
www.risoka17.com



そして、プラチャレをするのであれば、まず「SPGカード」を発行することをオススメします!!

SPGカードで宿泊代金を支払うと、Marriott Bonvoyロイヤルティプログラム参加ホテルをご利用による獲得ポイント数:1米ドル=12.5Marriott Bonvoyポイント (通常会員- 1米ドル=10ポイント - の25%ボーナス)が取得できます。


正式名称はスターウッド プリファード ゲスト・アメリカン・エキスプレス・カードと言います。

赤色の額面ですが、ゴールドカード同等です。


このカードには、大きな特典が3つあります。

特典その➀!このカードを所持している限り、マリオットボンヴォイのゴールドステータスを無期限で付与してもらえます!

特典その➁!入会後3ヶ月以内にSPGカードで10万円以上決済すると、30,000Marriott Bonvoyポイントがプレゼントされます!
これはホテルでの決済だけでなく、日常生活での買い物やその他支払いも適用されるのでほぼ間違いなくクリアできる条件だと思います。

特典その➂!毎年のカード継続毎に、継続ボーナスとして一泊分のマリオット系列無料宿泊特典がプレゼントされます!

www.americanexpress.com


このカード、年会費が少しお高め(34,100円消費税込み)ですが、それ以上の価値を見出せるカードだと思います。

さらに!紹介してもらってカードを発行するほうが6,000ポイントも多く、入会特典の30,000ポイント+通常の利用ポイント3,000ポイント(10万円決済時)と合わせて最大39,000ポイントもらえちゃいます。

もし身近に紹介してくれる人がいない場合は、私たちから紹介させていただきます。

本名など教えていただく必要はありませんのでお気軽に、お問い合わせフォームからどうぞ~(*´▽`*) ↓↓↓
forms.gle

陸マイラー親子の旅日記 ┃ Powered by Hatena Blog