陸マイラー親子の旅日記

子育てが終わった陸マイラー主婦&その息子がマレーシアを中心に飛行機・ホテル・現地の観光情報など旅行のあれこれを綴ります

初心者にオススメ!!クアラルンプール市内観光 その①

スポンサーリンク

こんにちは。risokaです。
今回はクアラルンプールに初めて行く人におすすめする市内観光ルートを紹介します。

1.まずはムルデカスクエアへ

ムルデカスクエアとは独立広場です。マレーシアはイギリスの植民地だった時代があり、ここはその名の通り1957年8月31日に独立が宣言された歴史的な場所です。この周辺には歴史的・文化的な建物が多くコンパクトに集まっているので初めてクアラルンプールを訪れる人におすすめです。

こちらの写真にはKLタワーが写っているんですが分かりますか?いろいろ角度を変えて撮影すると、KLタワー・ツインタワー・この時計台と3つが一度に撮影できます。是非チャレンジしてみてくださいね。

歴代首相の肖像画や、このように独立宣言の時の様子が描かれているものもあります。


2.ムルデカスクエアへの行き方

KLセントラルからとブキビンタンから、電車で行く方法を紹介します。まずはこちらの路線図を見てください。


真ん中にKLセントラル駅があるのが分かりますか?そこから右斜め上に2駅のマスジットジャメ駅を目指してください。赤5のLRTです。こんな電車です。マスジットジャメ駅から徒歩8分くらいです。


次はブキビンタン駅からです。KLセントラルから右斜め上にブキビンタンがあるのが分かりますか?そこから左斜め下に2駅のパサール・セニ駅を目指してください。緑9のMRT(地下鉄)です。この路線は比較的新しい路線なので電車も駅も綺麗です。こんな電車です。パサール・セニ駅から徒歩8分くらいです。



車内では英語とマレー語のアナウンスもありますが、このように表示もあるので分かりやすいと思います。
さてムルデカスクエアへ到着しましたね。省略しすぎ(笑)


3.スルタン・アブドゥル・サマド・ビル(旧連邦事務局ビル)

ムルデカスクエアの真正面に建っているビルです。このビルはイスラム建築をベースにしてつくられた歴史的な建造物となっています。現在は最高裁判所として使われています。


4.クアラルンプール・シティギャラリー

ムルデカスクエアのすぐ隣にあります。その名の通りこちらはKLについて詳しく知るためのギャラリーです。ここは私のアイコンにもなっている人気の撮影スポットがあります。是非記念撮影してくださいね。


5.国立織物博物館

クアラルンプール・シティギャラリーのお向かいにあります。元は鉄道事務局として建てられたそうです。館内ではマレーシアの服飾文化が紹介されています。入場無料で朝9時から営業していますので、早朝便で到着しても行きやすいのが良いですね👍カフェも併設されてますので休憩にもどうぞ(#^^#)

6.マスジットジャメ

駅名にもなっている、クアラルンプール市内で一番古いと言われているモスクです。クアラルンプールの語源となったクラン川とゴンバック川が合流している場所に建っています。ちなみにクアラルンプールとはマレー語で「泥が合流する場所」という意味です。マスジットジャメはマスジットジャメ駅の前にありますが、こちらから見るのがお勧めです。

まさしくここがクアラルンプールの語源となった合流地点です。ここにはクアラルンプール・シティギャラリーから横断歩道を国立織物博物館へ渡りそのまま真っすぐ歩くと左側にこの景色が広がっています。

そしてそして❕❕そのまま真っ直ぐ歩くと、右斜め前に水色の建物が見えてきますよ~❕❕あれですあれです🎵(笑)続く

www.risoka17.com

www.risoka17.com